記事一覧

終わりのないアンダーアーマーのネガティブな情報に振り回されないぞ!!

某情報サイトから、アンダーアーマーのネガティブな情報が発信されました。ディックス・スポーティング・グッズ(Dick's Sporting Goods)でのアンダーアーマーが占める売り上げの割合が10%以下に減ったとの事。2017年は12%でした。また、人気アプリの MyFitnessPalが第3者によりハッキングされ、個人情報が流出したとの事。これに対する自分の考えは、2017年の北米での売り上げが4.5%減だったので、それより減少...

続きを読む

リーマンショックは起こらない!! と断言していた男とは??

昨夜(2018年4月3日)、WBSを見ました。23時に起きてる時はいつも見てますね。さて、700兆円の運用資産をほこるブラックロック会長のラリーフィンク氏、WBSの取材を受けてくれました。日本の国家予算が100兆円いかないぐらいから、その額の7倍以上になる運用資産です。すごい!!さて、印象深かった会長の発言は”リーマンショックは起こらない”と断言!! ”しかし、潮目はもうすぐくる。 そこを注視している。...

続きを読む

ギリアド・サイエンシズ(GILD)は買いなのか??

本日はギリアドサイエンスを取り上げてみます。この銘柄、2017年の1月の PER6.3倍、配当利回り2.6%から考えるとかなり割安なギリアド!! の記事にて取り上げてます。この時の株価が71.2ドルで、それから、1年2カ月たちますが、現在が75.4ドル。ただ、売り上げと純利益が下記グラフのように右肩下がりとなってきました。市場が将来性を確信してないという事なんでしょうね。ただ、昨年の8月に米カイト・...

続きを読む

日本は製造技術があるという言葉に頼って、日本株買うのはもう止めにしませんか!!

上位1%のエリートしかしらない?ニッポン経済世界最強論! の16~19ページに回転寿司センサーシステムは日本の技術があればこそつくれるんだ!!と誇らしげに著者は語っています。このシステムはアメリカのマイクロソフト社が提案したものですが、アメリカにはこれを製造する技術が無かったという事です。アメリカ株と日本株の調査を永年してきた自分としては、もうからないから、アメリカは製造技術を捨てたんだ!!としか言い...

続きを読む

バフェットさんの師匠の一人であるフィッシャーさんの永久保有銘柄から学ぶベきこと!!

「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために の著者であるフィッシャーさんの永久保有銘柄であるTI社。この書籍の6ページを見るとTI社のチャートがでてるんですが、1990年から2000年までに株価が 100倍 にはなってますね。まさに超成長株なんですが、さて、直近の売り上げはどうなのか、調べてみたのが下記のグラフです。2006年から2017年まで売り上げが変わってません。純利益も同じです。...

続きを読む

アマゾンのCEO曰く、トランプ大統領は月にでも飛ばしちぇえ!!

トランプ大統領がアマゾンに対する課税強化する方針であるという報道と独占禁止法違反の提訴を検討しているとの事です。この報道は新興ネットメディア アクシオスから発信との事。ただ、内容をよく見ると--------------------------------------------------------------------------------〇アマゾンに出店する小売業者は州の売り上げ税を納めてない事も多いとの事〇アマゾン自身が販売する商品については売り上げ税を徴収してる...

続きを読む

フェイスブックの個人情報問題はAMZN、NFLX、NVDAにも波及してて、迷惑!!

本日(2018年3月28日)、NY市場開いてから、アマゾンが4%ほど急落しました。1495→1435ドルに60ドルも下がってしまったんです。長期投資家なので、いちいち上げ下げを気にしててもしょうがないんですけどね。なんか、フェイスブックの個人情報問題の余波がハイテク株全般に影響を及ぼしてる気がします。昨日はエヌビディアが250→220ドルに30ドルもさげてるんですよね。12%の下落です。ネットフリッ...

続きを読む

アメリカ人もアメリカ株で苦戦してるという現実!!

アメリカの家計にしめる金融資産のアメリカ株の比率が2008年の時に比べて、9000億ドルも減ってるそうです。また、401kでも投資家が保有するファンドのうち、株式にだけ投資するファンドは52%で2007年の65%より減ってるそうです。意外でした。2000年のITバブルと2008年のリーマンショックで嫌になったんですかね。株式投資って、 我慢 が大事なんですけどね。アメリカ株のS&Pは2009年の底値か...

続きを読む

米国と中国の貿易摩擦は問題なく、アメリカ株の上昇は続く!!

昨夜、MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法の著者である広瀬さんのセミナーを聞きました。そこで、米国と中国の貿易戦争については、基本、問題なく、アメリカ株の上昇は続くという事を言いきってました。米国では、今のトランプ大統領のように中国に強硬姿勢で貿易赤字削減の要求していくのがマニュアル化されてるんだそうです。いきなりむちゃくちゃな関税を課す というような発言はするけど、これを実行する事は...

続きを読む

あの有名な科学・数学者が相場で大損していた話!!

意外に知らない人が多そうなので、書いておきます。あの有名な科学・数学者が相場で大損していた話!!その当事者は、 賢者の投資、愚者の投資 の63ページに書いてあります。万有引力の法則を発見した ニュートン です。1637年にオランダのチューリップバブルが崩壊し、その後、南海泡沫というバブルがイギリスにありました。その頃、ニュートンはイギリスの造幣局長官を勤めていたのですが、年収の10倍もの損失をした...

続きを読む

昨日のNY市場で見えたアンダーアーマーとビック5の違いは??

昨日、週数回通っているジムに行ってきました。もちろん、体を動かすためです。ジムに行くたびに思うのですが、アンだーアーマーのシャツやショーツ、そしてシューズまでを着用してる人が多い事に毎回、気付かされます。下記、絵のような感じの人、多いです。ジムの写真、取りたいんですが、たぶん、ダメなんでしょうね(笑)。まだ、日本ではアンダーアーマーはジムで多くみられますが、そのうち、街頭でも見られるようになってく...

続きを読む

ナイキの決算から北米で独り勝ちなのは??

ナイキの2018年第3四半期決算がありました。売り上げは、89.8億ドルで、前期の84.3億ドルより、7%増加しました。ただ、粗利益は44.5%から43.8%に落ち込んだようです。これにより、純利益は12%減少した11.6億ドルとなりました。ちなみに売り上げの地域別では、北米のフットウェア部門が8%の減少でした。アンダーアーマー同様にナイキも地元の北米で苦戦してるみたいです。北米で独り勝ちしてるの...

続きを読む

アマゾン、アップルを抜いて世界第1位の時価総額になる株価と時期は??

昨日の終値ベースでアルファベットは7620億ドル、アマゾンは7680億ドルとなりました。アマゾンはこれで世界第2位の時価総額です。後、残すのはアップルの8890億ドルですね。現在、アマゾンの株価は1590ドルで、7680億ドルの時価総額、アップルは8890億ドルの時価総額なので、(8890億ドル × 1590ドル) / ( 7680億ドル ) = 1840ドルになるとアップルの時価総額も抜いて、世...

続きを読む

投資と投機の違いから、自分の投資哲学を語ってみた!!

デイトレでなくても、2~3週間ぐらいのスパーンで売買してしまうスイングトレードも自分は投機だと考えてます。もちろん、デイトレもスキャルもすべて自分は投機だと思います。自分の考える投資について、今日は語ってみたいと思います。例えば、EPS1ドルで発行済み株式数100万株の企業があったとします。純利益は1ドル×100万株なので、100万ドルになります。この企業の株が10ドルで売られていたとし、10ドル...

続きを読む

アメリカ株に投資せず、日本株に投資してる事がいかに馬鹿馬鹿しいことか!!

1990年ダウ平均は2730ドルでした。この時の日経平均株価は3万8900円。ドルと円と単位が違うので、よくわかりませんね。そこで、1990年のドル円160円で計算してみました。ダウ平均は、160×2730=43万6800円 だったわけですね。日経平均に比べて、約11倍くらいですね。これがですよ、現在の2018年3月では、日経平均は2万1000円になってます。28年もすぎたのに日経平均株価が半値に...

続きを読む

自分が配当ゼロ企業が好きになった理由とは??

コカ・コーラやウォルマートなどは毎年、配当があがり、安定配当株として個人投資家に人気のあるアメリカ株です。自分もこの銘柄を2010~15年まで保有していました。しかし、保有してるうちに ある事 に気付きました。コカ・コーラやウォルマートの営業利益には、法人税が課されます。そして、投資家に支払う配当にも配当課税が課されます。二重課税!!例えば、100億ドルの営業利益に40%の法人税が課されるから、4...

続きを読む

ジョンソン&ジョンソンへの投資をためらう理由は??

最近、ジョンソン&ジョンソン株への投資についてためらっています。(2018年3月17日現在の保有株はゼロ)自分が配当生活に入るとしたら、迷わずジョンソン&ジョンソンを選択すると思います。しかし、サラリーマンというある意味安定した収入源があるため、株式投資ではリスクをとりたいと考えてます。さて、ジョンソン&ジョンソンの2017年売り上げは765億ドル。そのうちの136億ドルは バンドエイド や リステ...

続きを読む

多少、製品の耐久性が悪くてもブランド力が支えてくれるSONYから学べる事!!

アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)は、2016年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の公式スポーツウェア・スポンサーになりました。契約額は15年で2億8000万ドル。日本の巨人(5年で50億円)を大幅に上回る金額です。しかし、2年がすぎた現在、アンダーアーマーのシューズを見捨てる陸上選手がいるとの事。原因は履いてから、2~3週間しか過ぎてないけど、靴底が剥がれてきたとか。ここだけの事実をみると、...

続きを読む

フィリップ・A・フィッシャー先生に自分の株式投資手法について怒られた!!

自分、フィッシャー先生に怒られた気がしました・・・・もちろん、口頭ではなく、書籍を自分が読んだ事によってですが(笑)フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために の146~147ページによると----------------------------------------------------------------------------------------------株価が上昇を続けた後、生産工場を稼働するにあたって想定外の出費を伴う支出が次々と発生し、この...

続きを読む

FANGの一角、ネットフリックスに投資したくないふたつの理由!!

本日は、ネットフリックスについて書いてみたいと思います。ネットフリックスの売り上げ成長率23.7%だが、バフェットさんがいう深い堀はあるのか?? の記事にて、過去10年の売り上げが23.7%で成長してるすばらしい企業である事を書いてます。しかしですよ。ネットフリックスには投資できないなぁー と思ったことがいきなりふたつもありました。〇その1:2017年末時点での営業キャッシュフローが17.9億ドル...

続きを読む

アマゾン株1600ドルに到達し、自分の買値から1年半で2.4倍になった!!

アマゾン株が昨夜(2018年2月12日)のNY市場にて、株価1600ドルで取引を終えました。これで自分が保有してるアマゾン株は平均取得単価が665ドルですので、1600 ÷ 665 = 2.4(倍)の値上がりとなりました。2016年に何度か分けてアマゾン株を買ってましたので、1年半くらいで2.4倍の上昇はすごいですね。なお、2016年9月1日に書いた アマゾンの10年後の株価は?? の記事でのアマ...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

日本ブログ村

FC2カウンター