記事一覧

アマゾンついに無人コンビニ開始、創業理念どおりだと思う!!

アマゾンはついに米シアトルに無人コンビニを開始するみたいです。AI技術を使い、レジを無くして、顧客は買いたい商品を店内から取り出し、外に出るだけで自動的に支払いが済みます。日本でのコンビニは、商品をレジにもっていって、店員にお金を支払いますよね。書籍がキンドルになったように、コンビニは無人になりますね。これで、人件費が無くてもよくなったため、コンビニの商品はさらに安くなっていくでしょう。これは、消費...

続きを読む

全金融資産の現金比率を41%まで高めました!! (株は59%)

全金融資産の現金比率を40~50%まで引き上げます!!の記事でお話ししましたように2018年1月21日現在のポートフォリオにしめる現金の割合を41%までひきあげました。世の中は毎日、株価の高値更新中ですけどね。まぁ、これが自分なりのリスク回避法ですね。個別株では、アマゾン23%、アンダーアーマー18%と先月より微増してます。アマゾンは株価が1300ドルまであがったせいであり、アンダーアーマーは毎月...

続きを読む

2000万円が吹っ飛んだお話!!

昨日、テレビで見たのですが、ビットコインで大儲けして、会社をやめたそうです。”最近のビットコインの50%以上の急落で大丈夫ですか?” の質問に”まだまだ、チャンスだと思います。”と答えてました。これ聞いてて、”なんか、いつか来た道だなー”と思いました。ビットコインで巨額損失をこれから、だれかが起こしそうですね。今から、10年前もこんな事あったなーと。当時はNZドルの金利が8%もあり、レバレッジ5倍とか10倍か...

続きを読む

株式投資で売り上げやEPSより大事なものとは!!

最近、思うのですが、株式投資において、売り上げやEPSより大事なものがあるような気がします。それは会社の創業理念や企業文化に共感できないといけない!!という事です。例えば、ジェフ・ベゾス アマゾンをつくった仕事術の165ページに書いてるようにアマゾンはもうけるより、顧客に還元してしまおうという企業理念があります。 また、97ページに書いてるようにカスタマーサポートも大事にしてて、地球上で顧客を一番...

続きを読む

忍び寄っているバブルの足音!!

ビットコインはバブルではないかと言われているが、他にもバブルの徴候があります。欧州サッカーの移籍金バブルです。クリスチャーノ・ロナウドが2008年、マンUからレアルマドリードに移籍するさい、9400万ユーロ(約122億4000万円)がかかりました。世界最優秀サッカー選手に与えられるバロンドールを何回も受賞してるロナウドでさえ、この額なのです。なのに今では、ブラジルのネイマールがバルセロナからパリに移籍するさい、2億2...

続きを読む

優待生活の桐谷さんからも学べることはある!!

配当と優待をもらう株をいっぱい保有してる桐谷さんの発言を聞いてみました。主な主張は以下のようです。---------------------------------------------〇配当+優待の利回り4%以上の株をねらう〇お金が多い人も少ない人も優待の待遇は同じなので、個人投資家おもいだ〇業績が悪い銘柄が配当利回りが高いため、業績はみないで投資する。 見てしまうと買えない。---------------------------------------------さすがにもうかっ...

続きを読む

バフェット本、シーゲル、フィッシャーではないが、自分が何度も読み返してる書籍!!

今から14年前の2004年出版されたあなたも「長期投資家」になろう!―“時のパワー”が豊かな実りをもたらす (実日ビジネス)は、今読み返してもやっぱり良い本ですね。この書籍には〇時のパワーが豊かな実りをもたらす〇基本はバイアンドホールド戦略〇6~7年で2倍を狙うのは十分可能〇新聞などで大幅減益や赤字決算がでる業績の悪い時に買い出動できるか?〇企業の熱きサポーターになれるか?〇5年ぐらいもっていたいなと思...

続きを読む

アマゾン株、2018年になってすでに8.7%の株価上昇!!

2018年はじまって、まだ、2週間もすぎてないのですが、アマゾン株価は好調です。年初に1175ドルではじまったのですが、上図のように上昇を続け、昨日のNYの終値で1277ドルとなりました。102ドルの上昇なので、102 ÷ 1175 ×100 = 8.7(%)の上昇となってます。アマゾン株は安心して見ていられますね。2016年9月1日に書いた記事ですが、アマゾンの10年後の株価は??は、5000ドル...

続きを読む

なぜ、今のタイミングでリーボックとアンダーアーマーを比較しはじめたのか??

アンダーアーマーが直面するリスクはリーボックのようなブランドイメージの低下だという記事を見ました。なぜ、今のタイミングでリーボックとアンダーアーマーを比較しはじめたのか??アンダーアーマーの株は11月頃から、10.5→15.6ドルにあげてました。そして、上髭がでたタイミングを見計らったかのような記事!!利食いし終わったか、空売りを開始したかのどっちかでしょう。トレーディングで利益を得たいんでしょう...

続きを読む

株式投資ではファンダメンタルズのみでなく、市場心理を把握する事が大事だ!!

年末年始の休みの間、賢者の投資、愚者の投資という書籍を読んでいました。株式投資はEPSやフリーキャッシュフローなどのファンダメンタルズ面だけでなく、人間心理面がとても大事だという事が書いてあります。この書籍、哲学的な話も多く、むずかしいです。しかし、この書籍の著者の山崎さんは、バフェット本、フィッシャーさん、さわかみさんらと同じくらい学ぶ事が多いです。この書籍から学べることは、〇賢者は大天井近い爛...

続きを読む

ハイテク銘柄は投資判断がむずかしい

新年、あけてから今年の投資方針を考えてました。特にグロース株の個別銘柄を増やすのか? という点を集中的に考えました。株式投資 第4版の11ページにありますようにインデックス投資では、トータルリターンで年率11.2%(1946~2006年の実績)にとまるからです。ようするにもう少し、高利回りを狙いたいというところですね。例えば、追加投資したい銘柄にネットフリックスなどを考えるとこれからはテレビではなく...

続きを読む

新年早々、日米株価はフィーバー!!

全金融資産の現金比率を40~50%まで引き上げます!!の記事にて書いてますように現金比率をあげています。しかしながら、これを嘲笑うかのように新年の株式市場は活況を見せてますね。日経平均は740円もあげた2万3506円になりました。また、NYダウ平均株価は2万5077ドルまであげ、ナスダック指数は史上はじめて7000ポイントに到達です。まぁ、自分の金融資産の半分が株なのですから、これはこれでいいので...

続きを読む

2022年までのアマゾンとアンダーアーマーの株価を予測!!

新年になると恒例のように日経平均やドル円、ダウ平均の予想をアナリストたちがしますよね。2018年~2022年までの、自分の持ち株もアマゾン、アンダーアーマーの株価を予想してみました。アマゾンの方は、自分も買値680ドルから1.5年すぎてて、1200ドル÷680ドル=177%となっています。77%÷1.5年=51.3%になります。今後は2割引きの40%で株価成長すると考えると-----------------------2...

続きを読む

2018年、アンダーアーマー株は買いだ!!

明けましておめでとうございます。今年の当ブログをよろしくお願いします。さて、本日、ジムで運動してたら、アンダーアーマーを着てる人の多い事。日本のジム以外の公共の場所、例えば、ショッピングモールなどで4人の履いてるシューズを調査してみると、大概、ナイキ、アディダス、ニューバランス、その他(アンダーアーマーは含まれない)のメーカーな気がしてます。要するにこれは、アンダーアーマーのシューズの成長可能性を...

続きを読む

成長企業は配当をしてない事が投資の基準!!

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書)には、米国の著名な投資家は米国の成長企業について、 配当をしてない事が投資の基準 であると言っている。成長企業は現在価値がポジティブとなるプロジェクトがあるかぎりは投資を続けるべきであり、その自信がなくなったら、配当すべきだ。と書いてあります。配当をしてない企業は、自分が投資しているアマゾンやアンダーアーマーに...

続きを読む

意外なところで、アンダーアーマー株の底堅さを感じた!!

みなさん、年末年始休暇いかがお過ごしでしょうか?今年の冬は寒いですね。自分も寒さ対策で、UA REACTOR TAPERED PANTを買いました。(下絵)この商品には、UAコールドギアリアクターといって、活動が少ない時は保温効果を高めて、活動が活発になると温度の上昇を抑えて適温にする 技術が使われてるらしいです。たしかに普段は寒いので、これ着てると暖かいですね。 しかも、動きやすい。活動が活発になる場合がないので、温...

続きを読む

アンダーアーマー株、底堅くなってきた!!

上記はアンダーアーマー(UA、クラスC)のここ4カ月のチャートです。第3四半期決算で大きく下げましたが、じりじり値を上げ、決算前の14.2ドルまで戻ってきましたね。赤線でトレンドラインを示してますが、上昇も加速してそうな気も?? します。何より、12月15日の大幅な上昇以降、大きく崩れる事がないのが底堅さを物語っているような気がします。さて、10~11ドルで買い増しができていたUAが14ドルまで上昇す...

続きを読む

集中投資と分散投資、どっちが良いのか??

どこかの書籍に銘柄選択が運用成績に与える影響はごくわずかであり、アセットアロケーションが運用成績のほとんどを決めると書いてありました。本当なのかなぁ??というのが自分の本音です。アマゾン株を選択して集中投資してしまえば、インデックス投資に勝てると思うんですけどね。アマゾン株に投資して、1年ちょっとすぎましたけど、リターンは73%ほどになってきましたね。まぁ、アンダーアーマーで含み損をかかえてるので...

続きを読む

アマゾン、ホールフーズに続いてまたもや買収!! 

アマゾンは家庭用防犯カメラ「ブリンク」を買収したそうです。アマゾンエコーでAIスピーカーの主導権を握りつつあるアマゾンは家庭用の防犯カメラも視野に入れてたんですね。アマゾンは既存の業態では説明つかない会社になりつつあります。もはや、ただの小売りではないですね。クラウドもやってるし、動画配信もしてるし、無人コンビニもしてますしね。上記はここ3年のアマゾンのチャートです。400ドルの株価が1200ドル...

続きを読む

株式投資で成功する資質は知能指数ではなく、xxxxxxxxだと思う!!

さて、2017年もあと一週間で終わってしまいますね。今年の自分の投資を振り返ると全金融資産の株式保有比率100%→68%まで落としました。なお、ポートフォリオは2017年12月10日現在の自分のポートフォリオ(時価基準)!!の記事で書いたとおりです。正直、売買に関してはこれくらいしかした事がないです。自分、株式投資経験が15年以上ですが、株式投資で成功する資質は知能ではないと思ってます。成功する資質...

続きを読む

某有名経済新聞のトップ記事に株の記事がくると暴落がくる!!

自分は、バフェット指数1.35倍なので、現金比率を再度、上げたい!! の記事に書いたように株から現金にお金をシフトしつつあります。今日、日本の有名な経済関係の新聞にて、日本株を買い始めた若者たち、11月購入額は4年ぶり高水準というのが載ってました。これを読みながら、過去を思い出しました。株を買えという記事が多く目につきます!!は、2015年8月16日の記事ですが、この記事から数日後、チャイナショッ...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

日本ブログ村

FC2カウンター