FC2ブログ

記事一覧

最高値から5分の1になってしまったアンダーアーマー株投資での反省すべき点!!

本日は、アンダーアーマー株式投資にて反省すべき点について書いてみたいと思います。2016年6月11日にアマゾン以外で10倍に育つ希望をもつ銘柄とは?という記事を書いてます。この時のアンダーアーマーの株価は38ドル、PERは70倍、チャートは最高値の53ドルをつけた後でした。まわりのアンダーアーマーの記事の内容を見ると、ナイキに猛追するアンダーアーマー とか このスポーツ用品業界のニューリーダーなどい...

続きを読む

アメリカ株式投資こそが最大のリスク管理だ!!

週末、アマゾンのプライムビデオでしんがり 山一證券最後の12人 という全6話のドラマをみました。1997年に破綻した山一證券のお話です。江口洋介主演で、とても良かったです。投資家なら、一度は見ないといけないドラマだと思います。さて、山一証券の破綻の種は、小さな 含み損 からはじまりました。含み損が育ち3000億円までふくらみ、自主廃業したというお話です。投資家なら、だれでも含み損と向き合います。自分...

続きを読む

自分がホールド中のアマゾン株が2.7倍になった理由を分析!!

現在のアマゾンの株価(2018年7月29日)は1820ドル、2017年のEPS6.15ドルからPERを計算すると 295倍 です。2018年末のEPS予想はロイターから抜粋すると16.22ドルとでていて、PER112倍 ですね。今からアマゾンに投資しようとする方には厳しいPERですね。(前もそうでしたが・・・)さて、今年6カ月間の営業利益は北米が29.8億ドル、AWSが30.4億ドルです。北米とい...

続きを読む

フェイスブックに続いて、ツイッター株でも株価が急落、こういう時の対処法は??

米ツイッターが発表した第2四半期決算によると、月間アクティブユーザー数がアナリスト予想よりも下回ったそうです。不審なアカウントの削除を進める中、同社はユーザー数は今後も減り続ける可能性があり、株価は午前中だけで17%下落したそうです。フェイスブックに続き、ツイッターまで不穏な決算が続けますよね。不安に気持ちになりますよね。自分は、こういう時にはフィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益...

続きを読む

復活気味のコカ・コーラ社の株は買えるのか??

コカ・コーラの2018年第2四半期の売り上げは89億ドル、純利益23億ドルでした。純利益率25.8%であり、年間100億ドル規模の純利益ですね。100円のコーラを売ったら、25.8円の純利益なんですから。めちゃめちゃ儲かってますよね、コカ・コーラ社って。ただ、株式投資するとなると個人的には 成長性を重視 します。もちろん、バリューや安定度も見ますけどね。やっぱり株主は厳しい目をもたないといけないと...

続きを読む

アマゾン売り上げ39.3%増加の決算で、ほっと一息!!   (*´▽`*)

アマゾンの2018年第2四半期決算がありました。売り上げは前期から 39.3%増加 した528.9億ドルとなりました。また、EPSは前期の0.4ドルから 1168%増加 した5.07ドルとなりました。営業利益29.8億ドルの内訳は、------------------------------------------北米 18.4億ドルインターナショナル -4.9億ドルAWS 16.4億ドル------------------------------------------となり、...

続きを読む

アンダーアーマー復活!!  (*´▽`*)

アンダーアーマーの2018年第2四半期決算がありました。売り上げは昨年から7.7%増えた11.75億ドルとなりました。第1四半期の決算の時に一桁台前半の売り上げ予想でしたので、これを上回る結果となりました。地域別では、第1四半期に-成長だった 北米部門で1.6%のプラス成長 になりました。アンダーアーマーの全売り上げの72%もある北米部門だけにこのプラスは大きいですね。その他ではEMEA(ヨーロッ...

続きを読む

見えてきたジョンソン&ジョンソンの成長の種!!

自分、2011~2015年までジョンソン&ジョンソン株を保有していました。一度、2015年8月の1ドル124円にて保有してるすべての株を売り払い、円転しました。その後、2016年からアマゾンやアンダーアーマーなどのグロース株投資に舵をきっています。グロース株に比べたら、成長が落ちると思ってたジョンソン&ジョンソンですが、成長の種もちらほらあるようです。オンコロジー(腫瘍)分野は参入してるのは知って...

続きを読む

ジェレミー・シーゲルさんを信じて、コカ・コーラ株を買ってはだめな理由を言います!!

自分の机からすぐ手にとれる位置に株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすの書籍があります。このジェレミー・シーゲルさんの書籍をもとにアメリカ株の長期投資してる人多いと思います。この書籍の50ページには、黄金銘柄として運用成績上位20銘柄のリスト があります。第6位になってるのが、コカ・コーラ!!配当リターンが2.8%になっていて、これもあわせた トータルリターンが16% となっています。...

続きを読む

アマゾン時価総額で世界一へ王手!!

アマゾンの昨夜の株価は終値で、1818ドルでした。2018年3月21日に書いたアマゾン、アップルを抜いて世界第1位の時価総額になる株価と時期は??の記事にて予想していたアマゾンの株価にほぼ近づきました。時期も予想していたけど、かなり前倒しです。まだ、アップルの時価総額との差は400億ドル強あります。アマゾンの発行済み株式数が約5億株ですので、80ドルほど上がれば、時価総額世界一になります。もう時間...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

カテゴリ

日本ブログ村

FC2カウンター