FC2ブログ

記事一覧

バフェットさんやフィッシャーさん以外にも勉強しておくべき本は?

自分が株をはじめたての頃、読んだ本は、バフェットさん関係ではなく、じつはピーターリンチの本でした。ピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーで有名な方ですね。2001年に発行されてますから、かなり古いですが、今でも、よく読みますね。内容を簡単に説明すると1.この書籍の23ページあたりに、1989年末に1万ドルを投資した場合、1999年末にどうなったかが書いてあります。1位がデルコンピュータで...

続きを読む

アメリカが金利を上げようが下げようが、自分にはあまり関係ない!!

最近、アメリカではFF金利を上げるのでは? との観測がでてますね。これにより、ドル高円安が進みやすい環境になってきてます。自分は、かねてから、アメリカ経済は強いと考えてました。下記のブログ記事で、アメリカ経済は強いという認識を示しています。今後(2016年4月14日以降)の運用方針を米株積極買いに変更したいと思います!! 正直、自分、エコノミストでもなんでもないんで、自分で景気予測なんてできないで...

続きを読む

負ける事が減った自分の株式投資法!!

過去のブログ記事で、自分の負け銘柄を2銘柄、紹介したことがあります。シティグループ株での私の負けトレードを公開します。サンフロンティ不動産過去に40万円の損失!! をだした株(ビジネス)の紹介 この2銘柄は負けてますが、下記のアメリカ株初心者用様が学ぶべきことの5つの記事の考え方を導入した結果、負けることがなくなりました。アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その1(株を買う事はビジネスを所有す...

続きを読む

アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その5(消費者独占企業であるか否か)

今まで、アメリカ株初心者さんのための記事を4回書いてきました。以下の4つのブログになります。アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その1(株を買う事はビジネスを所有することです)アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その2(株主優待目的で投資すべきでない) アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その3(フリーキャッシュフロー)アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その4(過去10年分の財務...

続きを読む

ドル円は、基本、循環してるだけ!!

まったりとアメリカ株へ投資するブログをはじめて、5年になりますが、その間、ドル円の予想を2回書いたと記憶してます。(記事数が多くなってきて、全部、読み返すのが、たいへんですが・・)2011年6月22日の記事でドル円76円は大底の可能性が高いと思うという旨を書いてます。目標ターゲットも1ドル120円、141円と設定していて、2014年12月に120円は達成しましたが、141円までは行きませんでしたね。...

続きを読む

自分が考える年代別、資産運用方法!!

自分は、10年とか長期で資産運用するなら、全額株式で集中投資で良いんじゃないかと考えてます。たいてい、国内株式、海外株式、国内債券、海外債券に資金を分散したほうが良いといういい方をする本を多いですね。ちょっとそういう本は自分はあまり読まない方が良いのかなぁーと思ってます。下記の書籍(11~13ページ)によると1802~2006年までの米国株式の実質トータルリターンは複利で年率6.8%だそうです。こ...

続きを読む

セミリタイヤに向けては、ドルコスト平均法と集中投資を実行!!

6月の賞与の時以降、お金がなくて追加投資できなかったのですが、なんとか少額ですが、月曜日に円→ドル転しようと考えてます。下記のブログにも書いてますが、自分には数百万円ぐらいの運用資金しかないため、給料からちょっとずつ株式にお金を投入するぐらいでもかなりのインパクトがあります。2000万円を貯金のみで貯めた人と投資で稼いだ人は明らかに違うと思う!! 100万円から1000万円までは、自分の労働で稼い...

続きを読む

アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その4(過去10年分の財務データを見ること)

今まで、アメリカ株初心者さんのための記事を3回書いてきました。以下の3つのブログになります。アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その1(株を買う事はビジネスを所有することです)アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その2(株主優待目的で投資すべきでない) アメリカ株、初心者様が学ぶべきこと - その3(フリーキャッシュフロー)本日は、過去10年分の財務データの重要性について、話したいと思いま...

続きを読む

アメリカの高配当株、グロース株の年初来の上昇率は?

下記のブログで、株初心者さんは、普段は株価動向に左右されない方がよいと書いてます。株初心者さんは、普段は株価の事は忘れて、株の勉強に集中したほうがいい!!やはり株価自体は気になりますので、不定期ですが、自分はときどきチェックするようにしてます。アメリカのグロース株と高配当株の年初来の株価上昇率は以下のようになります。以前、チェックしたときに比べると、フェイスブックの上昇率が21.6%と目立ち始めて...

続きを読む

バフェットさん曰く、良いビジネスは恒久的な堀を有する!! これ、コカ・コーラの事でしょ(笑)

バフェットさんの発言は、本当に株のバイブルと言えます。ひとつひとつよ~く理解する必要がありますね。下記の書籍によると、良いビジネスは恒久的な堀を有する そうです。バフェット・コード資本主義社会では、儲かってる企業は 繰り返し、競合相手から攻撃を受けるけど、それを跳ね返す堀(バリアー)がないと生き残れないそうです。代表的な例がコカ・コーラですよねぇ。バフェットさんは急速かつ連続的に変化する産業への投...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

カテゴリ

日本ブログ村

FC2カウンター