FC2ブログ

記事一覧

最高値から41.3%下落したエヌビィディア株ホールダーさんに送りたい言葉!!

エヌビィディアの2018年7~9月期決算がありました。売り上げは前期比20.5%増加した31.8億ドルでした。純利益は前期比46.8%増加した12.3億ドルでした。売り上げに対する純利益率38.7%にもなるんですね!!さて、市場の期待が高かっただけに株価は時間外取引で、168ドルまで下げてますね。先月の最高値の292ドルから41.3%も暴落してしまいましたね。エヌビィディア株ホールダーにとっては、...

続きを読む

アマゾンの根底を支えるのはこの精神だ!!

自分がアマゾン株を保有してるのは、売り上げが爆発的に伸びるグロース株だからです。しかし、個人的にアマゾン株をホールドしていても安心するところは、倹約の精神 かもしれません。ジェフ・ベゾス 果てなき野望の158ページには、出張の多い幹部社員はビジネスクラス使わせるべきだ!!と主張する幹部社員の意見にアマゾンのCEOであるジェフ・ベゾスさんは、ノー と言ったそうです。自分のお金だったら、ビジネスクラス...

続きを読む

アマゾンの現状の株価はテクニカル分析的にリーズナブル!!

昨日のNY市場で、ダウ平均が500ドル以上下げた2万5387ドルで引けました。またもや、暗雲立ち込めるムードになってきましたね。さて、自分が興味のあるアマゾン株のチャートは以下のとおりです。アマゾン株も昨日は、60ドル以上下げた1636ドルでした。自分、テクニカル分析で売買判断をする事はありませんが、今、どこにいるのかを判断する時には使います。1600ドル強の赤線部分がサポートになっていると考えて...

続きを読む

コカ・コーラ株に変化の兆しが見えてきた!!

コカ・コーラの2018年7~9月期決算にて、売り上げは前期比9%減少した82.5億ドルでした。売り上げが減ってるのはボトラーの売り上げを除外しているためです。純利益は前期比30%増加した18.8億ドルでした。そして、自分が注目したのは、営業キャッシュフローに対する配当で増配余地です。2018年1~9月末までの営業キャッシュフローは54.8億ドル、2018年1~9月末までの配当の支払いは33.2億ド...

続きを読む

フェイスブック株に投資できない理由を言います!!

フェイスブックの2018年7~9月期の売上高は前年同期比33%増加の137億ドル、営業利益は13%増加の58億ドルでした。個人情報の問題があったとは言え、高成長だと思います。フェイスブックもグーグルと同様に集客して、広告で稼ぐビジネスモデルです。さて、 自分がフェイスブックに投資してない のは、以下のような点からです。---------------------------------------------------------SNS利用者が学生から...

続きを読む

アメリカ株式投資の未来はバラ色で、集中すべきは税金と手数料をいかに払わないかだ!!

崩壊寸前の年金については日本政府が言いたい本音とは??の記事にて、日本政府は国民の年金に責任もてませんから、個々で運用してくださいねと言っているという話をしました。投資信託の信託報酬は0.27%でも500万円を5年運用すると6万7500円もとられる!!の記事を読んでいて思ったのですが、確定拠出年金などでは個別株はできないため、投資信託中心の運用となります。確定拠出年金では売買時、手数料かかりません...

続きを読む

金融資産の現金比率を大幅に減少させました!!

自分の金融資産の今年の年初のポートフォリオは全金融資産の現金比率を41%まで高めました!! (株は59%)の記事の題名のとおり現金比率が41%もありました。これは自分としてのリスクへの対処の結果だったんです。今日(2018年11月10日現在)のポートフォリオは以下のようになりました。現金比率を一気に9%に落としました。先月のアメリカ株式相場の暴落の時にMSCIインデックスファンドを買い増しました。...

続きを読む

崩壊寸前の年金については日本政府が言いたい本音とは??

本日は 日本政府の本音を暴露 します。暴露というと自分だけが知っているかのような言い方ですが、貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵の67ページに書いてあります。--------------------------------------------------------------------------------その1. 国の財政状態から年金などの社会保障を現状のレベルで維持するのは難しいです。その2. 年金はこれから減らすの...

続きを読む

長期投資の敷居は高い!!

アマゾン株が最高値の2050ドルから1500ドル割れまで、25%以上下げた事から学べる事があります。単純に考えて、1500ドル以下で買った投資家はホールドしてるとします。1500ドル以上で買った投資家は皆、逃げてしまったという事です。含み益の方もいただろうし、含み損の方もいたでしょう。それだけ長期投資し続ける事がたいへんだという事でもあると思います。以前、株式投資する品性として、自分が信じたビジネスに対して忍耐する...

続きを読む

10月のアメリカ株急落時、買い増したのは成功でしたね!

昨日、アマゾン株は1640ドルから一気に110ドル上げて1750ドルで引けました。7%近い上げなので、アマゾン株1000万円分保有してたら、70万円分含み益が増えるほどの強烈な上げですね。アメリカの中間選挙前にリスクを取りたくない投資家 or 投機家?たちが結果が出揃った事で買い上げたのだろうと思います。空売りしてたデイトレーダーたちもいるでしょうし。10月にアマゾン株が1500ドル割れるところまで売られましたが、これに踊ら...

続きを読む

バフェットさんに学ぶS&P500インデックスに勝つ株式投資とは??

近頃、S&P500インデックスに利回りでどうすれば勝てるのかを考えてます。ああだ、こうだ、考えていくと困ってしまい、バフェットさんに学ぶしかない!!という考えにおさまります。 バフェットさんがアメリカンエクスプレスに投資した時の事がバフェット・コードの78~82ページに書いてあります。タイミングはみないはずの バフェットさんが株価が上がりだす寸前に購入 してるではありませんか!!時期は1994~9...

続きを読む

株式投資で一番大事な品性は?

昨日の米国株式相場は明日に投開票を控える米中間選挙でまちまちな感じでした。ダウ平均は190.87ドル高の25461.70、ナスダックは28.14ポイント安の7328.85でした。ダウやS&P500が概ね堅調推移でしたが、ハイテク株を中心に売りが広がってます。地合いが悪いだけに我慢の時ですね。株式投資で一番大事な品性は忍耐だと思いますね。中間選挙で相場が荒れても動揺しない事が大切です。ただ、盲目的に我慢するのではなく、自分の投資先...

続きを読む

消費税2%あげない方法、アップルとグーグル、マイクロソフトの決算書から提案します!!

上記は平成30年度の日本政府の一般会計予算の歳入状況です。97.7兆円ある歳入のうち、消費税は8%で17.5兆円です。消費税10%になれば、消費の落ち込みがまったくないとすれば、21.9兆円の税収になります。今より 4.4兆円 増えますね。アップルの2017年の法人税の支払いが157億ドル(1ドル110円で約1兆7000億円)です。アップルに相当する3社が創立されれば、消費税2%分なんてまかなえま...

続きを読む

S&P500インデックスに勝つ運用をするには!!

グロース株中心のポートフォリオがS&P500をアウトパフォームしている現状!!の記事に書いてますが、自分はグロース株中心のポートフォリオで運用してますし、S&P500インデックスよりも高い利回りを目指しています。S&P500よりも低い利回りになった場合にはS&P500インデックスで運用した方が良いからです。投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識には、インデックス運用に勝つための...

続きを読む

株式投資では集団行動したら、やばい!!

米国株の下げをきっかけに世界的な株安が続いた結果、投資信託の運用資産残高が10月に約6兆円目減りし、10年ぶりの減少幅を記録したそうです。自分はこの暴落で、株を買い増ししたんですけどね。株式投資 第4版 の11ページにはアメリカ株のト-タルリターンが年10%以上であると言う事が書いてます。この知識があれば、投信売る必要ないんですけどね。残念なかぎりです。投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常...

続きを読む

集中投資を続けないと結局はS&P500を保有してる事と変わらなくなる!!

NY株価急落で利回りが急低下!! ポートフォリオを公開!!の記事にて自分のポートフォリオを公開してます。最近、思い始めたのが、加重平均指数であるS&P500の時価総額の上位銘柄の株を保有してしまうと 結局はS&P500を保有するのと変わらないじゃん!!という事です。どういう事かと言いますと、S&P500の上位10位の銘柄って、ビック5(グーグル、アップル、アマゾン、マイクロソフト、フェイスブック)...

続きを読む

グロース株中心のポートフォリオがS&P500をアウトパフォームしている現状!!

NY株価急落で利回りが急低下!! ポートフォリオを公開!!の記事にて今年の運用資産の利回りが14%まで落ちてしまった事を書いてます。しかし、アンダーアーマー株の急騰とアマゾン株が底打ちし上昇してきたため、利回りが 21% まで回復しました。問題点に考え始めたのは、個別株の上げ下げで利回りがここまで変わっちゃうのか? という点ですね。S&P500が年初の2695ポイントで現在が2723ポイントであるた...

続きを読む

市場の乱高下に踊らされて売買するのは最悪!!

昨日、アマゾン株が1650ドルまで、上昇しました。2050ドル → 1500ドル割れで、損切りしたとの書きこみもありました。知り合いの投資家さんは数百万円規模の損失をだしたそうです。アマゾンだけでなく、ダウ平均やナスダック指数も回復してます。市場が荒れてる時は、武田信玄のように動かざること山の如しのようにドーンと構える姿勢が良いでしょう。市場の上げ下げに踊らされるのは最悪です。ちなみに自分はアマゾン株以外の株...

続きを読む

アマゾン株、ホールドで良い理由を話します!!

アマゾンの2018年の純利益は100億ドルぐらいが予想されてます。その半分の50億ドルをAWSというクラウドサービス部門が儲けています。そして、半分の50億ドルは決算上、北米部門となっていますが、多分、アマゾンプライム関連だと考えられます。AWSは、マイクロソフトとIBMの売り上げをアマゾンが根こそぎ奪ってる現状!!の記事にてお話しましたように順調に売り上げを伸ばしていくと考えてます。アマゾンの次...

続きを読む

皆が売りだ!! と言う時が買い場だったりする!!

某金融機関がボラティリティの上昇で、株式資産を減らす時がきたという記事を読みました。個人的には暴落がきたからこそ、リターンが高くなる可能性が高いと思います。皆が売りだ!! と言う時が買い場だったりするものです。アメリカ経済に問題はありません。自分が投資しているアマゾンとアンダーアーマ-のビジネスにも満足してます。株式の売りを考慮するんであれば、アマゾンだと史上最高値の2050ドルをなかなかこえない時だ...

続きを読む

アナリストやファンドマネージャーに銘柄の投資判断を質問してはいけない!!

昨日(2018年10月30日)、MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法の著者である広瀬さんのセミナーを聞きました。毎月、マネックス証券の招待でセミナーをしてもらってるので米国株投資の参考になればと思い、聞いてます。セミナーを聞いてて、自分自身も気をつけないといけない事がありましたので、書いておきます。広瀬さんはファンドを運営してる方でもあるせいか、半年から2年以内に上昇しそうな株に投資す...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

日本ブログ村

FC2カウンター