FC2ブログ

記事一覧

米国国債の長短金利が逆転したから何? 成功する投資家の4つの資質とは!!

米国国債の長短金利が逆転したから、不況がきるよーアメリカ株は売りだよーというふうに煽られてます。まぁ、たしかにそうなのかもしれませんが、自分の考えを書いておきたいと思います。バフェット・コード の152ページに書いてある 成功する投資家の4つの資質 を紹介します。--------------------------------------------------1.過去のデータでは検知できない危険を認知し、避ける能力2.独自の分析力3.つねに冷静...

続きを読む

S&P500ではなく、個別株に投資して良いときの条件とは?

アメリカ株でも日本株でもいいのですが、ある投資家さんのポートフォリオ見てるとこの人なんで個別株に投資してるんだろう?と思う方がでてきます。銘柄数が20超えるくらいだったら、個別株に投資する意味がありません。なぜなら、S&P500は市場平均を買う事を意味するのですが、 銘柄数が20を超えてくると実質的に市場平均になってる からなんです。という事で、自分のメインの投資銘柄であるAmazonとS&P500を比較して...

続きを読む

バブル相場を避けるには常日頃から・・・

最近、 市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 という書籍を読んでいます。これを読んでいると本音は株式バブルの時は投資を避けたい!!でかいた内容を補完してくれる書籍だなー と思いました。この書籍400ページ以上あるのですが、まだ、半分も読めてません。しかし、確実に言えることは、勉強になる という事です。勉強になるとこををピックアップすると144ページのリスク回避 は市場を安全かつ健全な状...

続きを読む

なかなか上昇しない株での儲け方

アンダーアーマ-株が上図の赤線の部分である16~24ドルを行ったりきたりしています。2016年の7月の40ドルから下落トレンドがあって、レンジ相場が続いてます。自分は保有しているアンダーアーマ-株をの下図のように2月13日に20ドルで売却しています。2019年の売上成長率が一桁台とガイダンスされたことで、当分、株価の上昇はないだろうと予想したためです。2023年まで二桁成長にやっと戻るガイダンスで...

続きを読む

無配のバイオ株に投資する難しさ!!

米バイオジェンとエーザイは、最終段階にあったアルツハイマー病治験薬の臨床試験を中止を発表しました。バイオジェンの株価は下記図のように 29%の大暴落 しました。この暴落から学べる事をピックアップしてみました。1.無配のバイオ株に大きな投資はできないこわいですね、バイオ株は。しかも バイオジェンは無配の株 なので、下げたからと言って買いともいえません。配当を得るために29%安い株価で買えるのなら、良...

続きを読む

バフェットさんが投資してる銘柄は永久保有すると考えるのは大いなる誤解だ!!

本日はバフェット流投資の落とし穴と大いなる誤解について書いてみたいと思います。バフェットさんの投資を勉強するといつしか自分が投資している銘柄がグットビジネスだと思い込みます。そして、陥りやすい罠は、バフェット・コード の187ページに書いてあるように1.グットビジネスだと思い込み、株価が下がったところで買い増しをし、評価損を増やす。2.本来、グットビジネスでもないのに永久に保有すると決め、売らず売...

続きを読む

FRBの利上げ打ち止めでアマゾンは上昇、ダウ平均は144ドル下落!!

20日に開かれたFRBの理事会で2019年の想定利上げ回数をゼロに引き下げる事が決定されました。また、量的引き締めも9月に終了になります。これを受けて、Amazon株は上昇、下記図のとおり1800ドル寸前まで上昇しました。Amazon、1800ドルのレジスタンスを上に抜けられるのか??の記事でお話しましたが、1800ドルがレジスタンスになっています。ここを超えると一段の上昇という事になるでしょう。Amazonは上昇し...

続きを読む

S&P500インデックスに投資するのが最良の選択かもしれない!!

保有してるアマゾン株、買値の3倍になった!! v(≧∇≦)v イエイの記事でお話してますようにAmazon株がここ2年で3倍になりました。これはこれでよかったのですが、Amazon株が下落するときもインパクトがすごくて2000ドルが1300ドルまで下落しました。2000万円の資産が1300万円に減るぐらいのインパクトなので、心臓に悪いです(笑)。そこで最近、KO、GILD、BMYなどの3~4%の配当株を保有しはじめたのですが、こ...

続きを読む

Amazon、1800ドルのレジスタンスを上に抜けられるのか??

Amazon株が上昇しています。昨日(2019年3月18日)のNY市場では1750ドルまであげてきました。直近1年くらいのチャートを下図に示します。1800ドル直前の赤線のレジスタンスに何度も頭を押さえられてるチャートとなっています。このラインを上に抜ければ、一段と上昇が期待できそうです。ただ、何度も言うようですが、自分はテクニカル分析で売買はしません。あくまでも目安としてテクニカル分析を使用しているだけ...

続きを読む

意外にすごいギリアド・サイエンスの配当余地!!

自分が投資してる銘柄に自信がなくなったときに見るべきところは??の記事にて、Bristol Myers Squib株が潤沢なフリーキャッシュフローがある企業であり、保有してて不安がない事を話しました。自分が保有してるギリアド・サイエンスは更にすごそうなので、追加で書いておきます。下図が営業キャッシュフローと投資キャッシュフローです。2017年は法人税減税の影響で純利益が減っているため、2016年で説明します。営業...

続きを読む

自分が投資してる銘柄に自信がなくなったときに見るべきところは??

自分が投資してる株の銘柄に自信がなくなる時があります。そんな時、自分は、決定版 1000ドルから本気でやるアメリカ株式投資―長期資産形成!いま、原点からの戦略の74~78ページのFCF(フリーキャッシュフロー)を読み返します。フリーキャッシュフローとは営業活動によるキャッシュからその営業を営むのに必要とした投資を引いた額です。ようするに本業でもうけたお金ですね。純利益で良いではないか? という質問がきそうで...

続きを読む

運用11年目に突入した(iDeCo(イデコ)) の年平均利回りを公開!!

2018年9月28日に書いた10年間運用してきた確定拠出年金 (iDeCo(イデコ)) の元本と利益額、平均運用利回りを初公開!!の記事にて過去10年の年平均利回りが12.77%であったことを書いてます。現在の利回りがどうなっているかを調べてみるとのようになっていました。去年(2018年)の10月の株式大暴落で自分の利回りも打撃を受けていましたが、ようやく持ち直してきました。悪くはないんですが、運...

続きを読む

今週の保有株の振り返り!!

おはようございます。今週もお疲れ様でした。Amazon株は久しぶりに1700ドルを突破し、NY終値が1711ドルでした。週初の株価が1620ドルでしたので、5.6%の株価上昇でしたね。自分のポートフォリオの保有比率は現在、17.8%です。一方、資産運用の守備面を重視し、保有しはじめたコカ・コーラ株は45.4ドル、ブリストルマイヤーズ スクイブ株は49.8ドル、ギリアドは65.6ドルでした。週初のコカ・コー...

続きを読む

米国10年債に投資するぐらいなら、コカ・コーラ株の方がお得な理由は!!

上記は米国10年債の2014~2019年のチャートです。概ね、1.4~3.4%のレンジを推移しています。一方、コカ・コーラの配当利回りは、コカ・コーラの今年の株価を予言しちゃおう!!の記事で書いてますが、2~4%のレンジを推移しています。同じボラティリティで、同じ利回りであるなら、米国10年債に投資するより、毎年、増配のあるコカ・コーラ株に投資した方がお得ですよね。昨日の記事にも書いてますが、配当...

続きを読む

コカ・コーラの今年の株価を予言しちゃおう!!

コカ・コーラ株は自分は2010年から2015年まで保有していました。そして、最近になって、コカ・コーラ株に再投資しはじめました。株価と配当をよ~くみてるうちにコカ・コーラの今年の株価が見えてきました(笑)。占いではありません。以下、説明します。年度別にコカ・コーラの四半期配当(青色)と各年度の3月1日の株価(灰色)を下図にプロットしてみました。四半期配当と株価が驚くほど、比例関係にありますよね。で...

続きを読む

自分の株式投資スタイルの自信は確信になりつつある!!

本日、「日本のバフェット」といわれる男に関する以下の記事を読みました。---------------------------------------------米国の著名投資家、ウォーレン・バフェット。企業の強さを見極めて厳選投資し、長期的なリターンをめざすスタイルで知られる。この投資哲学に共鳴し、「日本のバフェット」との呼び声が高まる男がいる。農林中央金庫グループ傘下の投資ファンドで、最高投資責任者を務める奥野一成(49)だ。以下、省略。---...

続きを読む

過去10年のアメリカ株運用を振り返って悟ったこと!!

今までの資金運用を振り返ってみると----------------------------------------------------------------1. 2016~2018年の2年間にAmazon株が2.5倍に成長2. 2008年から確定拠出年金で積み立てていた毎月1万円の元金累計150万円の資金が2倍になった3. 2010~2015年までの配当累積とウォルマート56→86ドル、ジョンソンエンドジョンソン60→100ドルのキャピタルゲイン、為替差益で元金が2倍に...

続きを読む

自分が配当再投資銘柄より、創業まもないAmazon、UnderArmourなどのグロース株投資を重視する理由は??

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすの48~50ページには、投資家リターンの基本原則は、株式が配当を生むとき、効果が増幅すると書いてあります。1957年~2003年までのリターン上位銘柄は-----------------------------------1位フィリップモリス    19.75%2位アボットラブラトリーズ 16.51%3位ブリストルマイヤーズ  16.36%4位Tootsie Roll Industries   16.11...

続きを読む

リセッションが近づいてきたため、保有比率を増やしているセクターの株は??

巷では1年以内にアメリカ経済はリセッションになるだろうとの見方が多くなってきました。それを反映してか、アメリカ株式の動きがさえないですね。こういう時期に全ポジションをグロース株で保有する必要はないと思います。グロース株は上げるときもすごいのですが、下げるときもすごいからです。自分はグロース株と同じ比率ぐらい配当株、特にヘルスケアセクターを保有していることで備えてます。バフェットの株式ポートフォリオ...

続きを読む

厚生年金の受給額から知ってしまった日本政府の意図!!

厚生年金の受給額を見てみたら、日本政府の意図が見えてきました。下図は2003年(平成15年)3月までの平均給与と加入期間から受給額を概算でわかる図です。例えば、平均給与が月額40万円で40年間加入していれば、厚生年金を年間137万円もらえます。それが2003年(平成15年)4月から下記図のように変わりました。平均給与が月額40万円で40年間加入しても、厚生年金を年間105万円しかもらえません。上記...

続きを読む

英グラクソスミスクライン社を調査していたら、驚くべき二つの事実を発見した!!

自分が知識が足りなかっただけなのかもしれませんが、驚くべき事実二つをみつけました。ジョンソン&ジョンソンとかコカ・コーラ株を保有してると配当の2重課税問題がさけられません。NISAで保有すれば、10%米国で課税されます。しかし、ADR(米国預託証券)だと配当課税がありません!!例えば、コカ・コーラ株で500ドルの配当が入ってきたとしましょう。コカ・コーラ株だと500ドルの10%である5ドルは税金として徴...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

カテゴリ

日本ブログ村

FC2カウンター