記事一覧

マイクロソフト株から株価上昇の3点を発見!!

自分、2011年頃にマイクロソフトの株を保有していました。2011年9月の マイクロソフト(MSFT)について の記事にマイクロソフトについて言及した事もあります。しかし、コカ・コーラやウォルマートなどの株の方が安定しているという理由で早期に手放してしまいました。当時、マイクロソフトはウィンドウズやエクセル、ワードなどの金のなる木をもっていました。これは今も変わらないんですけどね。今では、クラウド、スマ...

続きを読む

94ドルに暴落したウォルマート株だけど、買わない理由は?

昨夜、ウォルマート株は10%以上さげました。終値で94.11ドルでした。自分は、ウォルマート株を2011~2015年まで保有していました。しかし、2015年8月に 保有していたアメリカ株を全株売却しました!! の記事に書きましたように85.8ドルで売却しました。取得価格が56ドルくらいでしたので、(85.8-56)/56 × 100 = 53.2%の値上がり益となりました。また、1ドル81円で仕込...

続きを読む

アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)株、2025年までの株価は?

アンダーアーマー株の含み損脱出プラン にて2017年11月18日に描いていた見通しがどうなっているのか検証してみました。AプランとBプランのふたつを考えていました。あれから3カ月くらいしかたっていないのですが、どうもAプランを進んでるように思えます。現状、赤印で示したところにきてると思います。現状のUAAの株価は17.14ドル、UAが15.41ドルです。Aプランでは24ドルで含み損を脱出するのです...

続きを読む

ドル円の107円→105円のトレンドのトレード!!

先週の金曜日、たまたまチャートを見てたら、ドル円でデイトレのチャンスを見つけたので、エントリ―してみました。106.02円がレジスタンスと思えたので、ここで1万ドルの売りエントリーし、ほぼ含み損になることなく、105.84円あたりで利食いました。16時56分から17時13分までの17分間のみのトレードです。ドル円とかでトレンドがでてるときは、エントリ―すれば勝つ確率があがりますね。デイトレの方も長ら...

続きを読む

塩漬け、クソ株と言われてるからこそ、アンダーアーマー株は買いだ!!

こんにちは。本日のタイトルは、ちょっと過激に書いてみました。自分によせられるコメントのうち、多いのが--------------------------------------------1)アンダーアーマー株を塩漬けしてる2)アンダーアーマー株はクソ株であり、興味ない3)アンダーアーマー株を一度、売却してから、上がりだしたら、買い戻した方がよいのでは?--------------------------------------------あたりですね。ようするにこれって、 投資で一...

続きを読む

私がインデックスファンドだけでなく、個別株を買う理由は??

確定拠出年金での運用利回りが年10%以上になるまで6年もかかった!! の記事に書きましたように自分は2008年から確定拠出年金でMSCIインデックスファンドに投資してます。10年間の平均利回りは14%です。このくらいの年間平均利回りなら、個別株に投資する理由はないと思います。自分は、このブログを2011年頃から書いてます。その時は、コカ・コーラ、ウォルマート、ジョンソン&ジョンソンの個別株にも投資...

続きを読む

配当をだしはじめたら、会社の成長は終わったと考えた方が良い!!

1990年から2005年くらいまではアメリカ株式といえば、半導体のインテルやソフトのマイクロソフトが一番、脚光を浴びてました。先程、アマゾンの時価総額がMicrosoftを抜いたそうです。1位アップル、2位グーグル、3位アマゾン、4位マイクロソフト といったところです。マイクロソフトといえば、OSのウィンドウズです。そういうソフトの会社が牛耳る時代はすぎ、アマゾンのようなサービスを提供できる会社が昇る時代がきたよう...

続きを読む

17ドルに急騰したアンダーアーマーの株価がまだまだ、割安である理由は?

昨日、アンダーアーマー2018年は赤字決算であったが、株価は10%以上の暴騰!! という記事を書きました。NY市場引け後の株価は、UAA(議決権あり)が16.73ドル、UA(議決権なし)が15.3ドルでした。17%も急騰しました。アンダーアーマーの2018年売上高は前年比、5%未満であろうと会社側は予測しています。年間売り上げ50億ドルのアンダーアーマーの成長率が5%未満です。アディダスの決算を調...

続きを読む

アンダーアーマー2018年は赤字決算であったが、株価は10%以上の暴騰!!

アンダーアーマーの2017年第4四半期の決算が日本時間2018年2月13日21時に発表されました。売上高は前年の13.05億ドルから4.6%上昇した13.65億ドルでした。通期では、49.76億ドルと前年の48.25億ドルから3.13%の上昇でした。第4四半期の営業利益は0.37億ドルの赤字、純利益は0.88億ドルの赤字でした。これにより、通期での純利益は0.48億ドルの赤字でした。--------------...

続きを読む

アマゾン、数週間以内に宅配事業開始か!!

アマゾンの業種は、単なる小売りではない!! の記事にて、アマゾンが参入しようとしてるビジネスを紹介してます。そのうちの一つが宅配事業です。アマゾンはネットで注文を受けると商品を消費者に届けます。その宅配業者が日本ではヤマトとか佐川の宅配業者なんですよね。日本でも話題となりましたが、その宅急便の値上げ要求が再三に渡ってます。アマゾンも相当イライラしてます。何と言ってもアマゾンの売り上げの1割は宅配業...

続きを読む

アンダーアーマー株は最高の買場だ!!

今週の火曜日(2018年2月13日)、NY市場が開く前にアンダーアーマーの2017年第4四半期の決算が発表されます。予想売り上げ高は前年度と同じ、13億ドルとなっています。ようするにゼロ成長ですね。通期で49.1億ドル、前年度が48.3億ドルなので、1.7%成長となります。これまでの20%を超える成長からすると低成長ですね。そういう事を織り込んだUAA(議決権あり)13.75ドル、UA(議決権なし...

続きを読む

アマゾン株の空売りで数百ドルの利益をゲット!!

何か今回の暴落相場は読めました。アマゾン株の一部を2月6日の午前2:15分頃に1440ドルで売り払い、2月7日の12時16分に1390ドルに買い戻しました。NISAで保有してるので、5年に一回売買しないといけないので、ちょうどいいかと思いました。本当は1350ドルに指値を指してたんですが、2ドル弱とどかずでしたね。残念でした。今回のトレードでもうけた分によりアマゾンの平均購入価格は678 → 66...

続きを読む

NYダウ平均1000ドル以上の暴落、自分は半年前からこれに備えていた!!

昨夜のNY市場でNYダウ平均株価が1000ドル以上下げ、2万4345ドルで取引を終えてます。自分は、2017年9月24日の全金融資産の現金比率を40~50%まで引き上げます!!の記事にて書きましたように株価の暴落に備えてきました。この時が2万2300ドルぐらいだったんですけどね。投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識の第15章には ”今どこにいるのかを感じる” と書いてあります。...

続きを読む

株式投資においての聖杯とは??

週末、投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識という書籍を読み返しました。この書籍、フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るためにやプロフィール欄(PC版)で紹介しているバフェット本と同じくらい重要な書籍だと思います。本日は書籍の内容の要約をご説明し、次回は自分の投資に照らし合わせて、この書籍をどう適用してるのかを話してみたいと思います。投資で一番大切な20の教え...

続きを読む

NYダウ平均暴落!! 終わりのはじまりか??

上記は去年の9月からのダウ平均のチャートです。ここ半年、先週の金曜日のような大きな陰線はでた事がありません。665ドルも下げた事が何をあらわしてるのでしょうか?自分は、全金融資産の現金比率を41%まで高めました!! (株は59%) の記事で書いたように現金比率を41%まで高めて、リスク回避をしてました。ダウ平均の大幅な下げは、米国10年債の金利が2.8%に上昇した事によるそうですが、どんな理由であ...

続きを読む

アマゾンの2017年第4四半期の好決算は事前にリークされてるでしょ、これ!!

2017年第4四半期のアマゾンの決算、よかったですね。売り上げ604.5億ドルで去年の437.4億ドルから、38.2%も増加しました。純利益は38.1億ドルで、去年の18.7億ドルから、103.7%も増加しました。営業利益は41.1億ドルで、去年の21.3億ドルから、93%も増加しました。ベンチャーなみの増加率ですね。ただ、下記のアマゾンの1月初めからのチャートを見ると、こういう決算を織り込んでい...

続きを読む

アマゾン本日決算だが、自分は決算の内容より重視するものがある!!

日本時間の明日の未明頃(米国では2018年2月1日)、アマゾンの決算があります。アマゾンのコンセンサス予想は、-----------------------------------売り上げ:598.3億ドルEPS:1ドル83セント2018年のガイダンス:EPS4ドル32セント 2019年のガイダンス:EPS8ドル7セント-----------------------------------となっています。アマゾンの決算はどきどきですね。決算発表された前後は株価がすご...

続きを読む

アマゾン株5800ドル、アンダーアーマー株56ドル、どちらが現実的か??

全金融資産の現金比率を41%まで高めました!! (株は59%)に書いてますが、アマゾンは全金融資産の23%、アンダーアーマーは18%です。アマゾンの株価は1450ドル、アンダーアーマーはUAA(議決権あり)の方で14ドルです。今後、どちらが4倍の株価に到達するか? を考えてみました。アマゾン株は4倍になったら、 1450×4= 5800ドル です。アンダーアーマー株は4倍になったら、 14×4= 5...

続きを読む

80%を超えるアメリカ企業がコンセンサス予想を上回る売り上げを記録している理由は??

先週(2018/1/26)までのアメリカ企業の決算で、80%を超える企業がコンセンサス予想を上回る売り上げを記録したそうです。この理由は何故か?MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法の著者である広瀬さんによると インフレがきている からだそうです。よって、アメリカ企業の大半が売り上げが上げまくってるそうです。また、アメリカ企業は最近、ボーナスを社員にあげまくってるとか。これは社員に逃げられないように...

続きを読む

そろそろバフェット本の殻から卒業する時!!

そういえば、世界有数の富豪、ウォーレン・バフェットさんも バフェット氏、当ブログで投資しているアマゾン株へ投資してこなかったことを嘆く!! という記事を書いた事があります。バフェットさんがアマゾンに投資できなかったのは何故でしょうね。  〇高すぎるPERのせいなのか??  〇それともネット通販という従来にはなかった小売りの形態の未来が読めなかったのか??   (アマゾンは1996年に生まれており、...

続きを読む

アマゾン株1400ドル突破!! 含み益が2倍以上になった成功の原動力は??

アマゾン株1400ドル突破しました。昨日のNYの終値は1401ドルでした。投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識の161ページには最終的に成功を収めるにはコンセンサスと逆方向に動くことがカギとなると書いてあります。自分はコンセンサスを考えて投資をしたわけではありません。最近、いろいろ調べていくうちに上記の書籍の言葉を読みました。考えてみたら、アマゾン株に投資してる人ってあまり聞...

続きを読む

よく読まれてる記事

米国株ブログランキング

ブログランキングに参加してます。 このブログを応援されたい方は、下の米国株をポチっとおしてください。 ここで力をもらって、これからもブログを書き続けます。 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株式口座開設はこちら

私が取引に使っている証券会社はマネックス証券で、NISAで利用すると買付け手数料は全額キャッシュバックされます!!。

スポンサーリンク

メディア掲載関連

2014年春号のマネーポストに当ブログの記事が掲載されてます。

プロフィール

yen1xxp00

Author:yen1xxp00
株の書籍
上記の書籍でバフェット&フィッシャーに株を学び、以下の特徴のある企業に長期投資を行っています。
①10年ぐらいのスパーンでEPSが確実に伸びる企業
②フリーキャッシュフローが潤沢な企業
③消費者独占ビジネスを行っている企業

下は私が何度も読み返している投資のバイブル本の説明です。

バフェットさんに成長株投資の基本を教えたのが本書の著者であるフィッシャーさんです。
フィッシャーがこの本で言いたいのは”超成長株を買え。そして、これ以外の株には手をだすな”ですね。(2016年4月2日追加)


コカコーラ等の最強の投資銘柄の財務的な特徴をこの本を通して知ることができます。
むずかしい会計の本を読むより、この1冊で十分ですね。


この本によりバフェット流投資術の本質、真髄を理解する事ができます。本書の第一部でバフェットの投資行動を年代順で説明して、第2部でバフェット流投資の真髄を理解でき、第3部でバフェット投資における公式を知ることができます。


この本の何がすごいかというとバフェットさんが保有している”永続的な競争優位性”をもつ会社の投資価値を1社ごとに徹底的に分析し、詳細説明しているところです。


この本により自分の保有している株の将来の株価を計算する事ができます。株は投機ではなく、数学です(笑)


フリーキャッシュフロー分析を学ぶ事によって、初心者でも株式投資のトップレベルの知識を身につける事ができます。バフェット・コードという本といっしょに読む事をおすすめします。


この本は何故、日本株でなく外国株へ投資すべきなのかについて書かれています。増配する企業の配当利回りは年々上がっていくので長期投資のすばらしさがわかる本です。


この本の著者であるピーター・リンチさんは伝説のファンドマネージャーですね。リンチさんは10倍以上になる株を探すことをすすめてます。こういう株はどの産業からも出現する可能性があるそうですね。


ダウは30銘柄で構成されてますが、この本では1銘柄ずつ詳細な説明をしてくれます。2022年にNYダウは4万ドルへ上昇すると予想している本です。


個別銘柄の高ROE、低PERの銘柄に投資する事によって、インデックス投資のリターンを上まる事ができる事を本書は証明しています。


逆風の時でもお金を増やす125のバフェットさんの知恵がこの本にはありますね。


この本では、分散投資、景気循環を利用した株の投資法、IPO銘柄に何故、手をだしてはいけないのか?、株価の大底を見極める方法などを知ることができます。
ゴールドマンサックス&ヘッジファンド出身の方が書いてるだけに実務向きの本です。


S&P配当貴族指数というものがあるらしいですね。
特徴は高配当で高成長企業と紹介してます。
25年以上増配してる企業からS&P配当貴族指数は構成されてるそうです。
ちなみにS&P配当貴族銘柄の時価総額が高い順から、エクソンモービル、ウォルマート、シェブロン、ジョンソン&ジョンソン、AT&T、P&G、コカコーラ、ペプシコ、アボット・ラボラトリーズ、マクドナルド等の順になるそうです。

日本ブログ村

FC2カウンター